進行する大腸がんは早めの治療で根治しよう

がん治療のクリニック

女の人

池袋クリニックが人気の理由は、がん治療クリニックであり身体に優しい免疫細胞療法を導入しているからです。がん治療は注意して治療を進めないと莫大な治療費がかかってしまうことがあります。池袋クリニックでは無料相談会を開催しているので治療内容や費用面を確認してみましょう。

Read More...

大腸の健康を考える

女性

特徴を知ろう

大腸とは、消化管の後半に位置する臓器で、食べ物の栄養を吸収し終わった食物残差の水分を主に吸収する臓器です。大腸は順番に盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸となります。このうち、大腸がんの好発部位は、S状結腸と直腸で、特に直腸のどの部位に癌ができるかでオペの内容が変わり、人工肛門の適用になるか否かが決まります。大腸がんは、癌が大腸の壁にどれだけ浸潤しているかでステージが変わってきます。また、リンパ節への転移や他の臓器への転移でもステージは分類されます。つまり、癌におけるステージとは総合的にみて、癌がどの程度深刻かを深さや転移の程度で表現しているのです。5年生存率はステージが初期になるほど高く、大腸がんの場合には90%以上です。

色々な検査があります

大腸がんは病院で発見されるときには、かなり進行している場合が多い疾患です。大腸がんの症状は、便秘や下痢、下血、残便感などですが、これらはどれも大腸がんでなくても発現する症状です。そのため大腸がんであっても、年に一回の健康診断で便潜血検査をするまで分からなかったということが多いのです。このような特性が大腸がんにはあるため、予防に関心が集まりやすい疾患といえます。予防方法としては、上述した便潜血検査が基本ですが、より確実に診断するには大腸内視鏡検査が確実です。この検査は胃カメラの大腸版と考えればよく、肛門より内視鏡をいれて病変部位を直接医師が確認する検査方法です。癌の一部を採取して細胞診断をすることもできます。

多くの病院があります

看護師

新宿区はとても多くの人口を抱えている区の一つとなっています。そのため、内科や外科など様々な病院も開業されていますので、万が一の備えとしてインターネットなどを利用して、自宅から近い病院を色々と調べておくようにしましょう。

Read More...

正確な診断を受けましょう

先生

行徳でも腰痛を抱えて悩んでいる患者が増えています。腰痛の原因には関節や軟骨に問題がある場合と、内臓に問題がある場合とがあります。したがって、行徳の病院で正しい診断と治療を受けることが何よりもまず大切です。

Read More...