進行する大腸がんは早めの治療で根治しよう

正確な診断を受けましょう

先生

放置するとよくありません

腰痛を抱える人は行徳でも年々増加しています。腰痛は若い人でもスポーツや仕事のときの姿勢の固定などによって起こる症状です。その上現在は行徳でも高齢者の人口が増えているので、それにつれて腰痛患者も多く見られるようになっているのです。腰痛はその原因が整形外科的なものであっても、あるいは内科的なものであっても、しばらく様子を見ようなどと考えて放置するのはよくありません。いずれの原因による腰痛であっても、深刻な病気が隠れている可能性があるためです。こうした人は行徳にもたくさんいると見られますが、腰痛が自然によくなることはほとんどないので、早い段階で行徳の病院を訪れて医師に診てもらうことをおすすめします。

関節・軟骨・内臓等に原因

この頃腰痛に悩まされることが多くなったと感じたら、行徳の病院でまずその原因を解明してもらうことが大切です。もし原因が脊椎の関節や軟骨に存在する問題であれば、早めに対処することで痛みがひどくなるのを防ぐことができます。将来歩くのが難しくなるような事態を避けるために、行徳の病院では最も適した治療法で腰痛を手当てしてくれます。一方、関節や軟骨に問題がない場合には、内臓に病気が潜んでいる可能性が考えられます。特に腰痛の原因になることが多いのががんです。がんによる腰痛の特徴は、体の姿勢などを変えても痛みが改善しないということです。この場合も早期発見と早期治療が肝心なので、行徳の病院で検査を受けて正確な診断を下してもらいましょう。